遊びタイムズ

〇県外の人に三浦半島中心に神奈川県を紹介し遊びに来てもらい私は県外に遊びに行く、そんなWinWinな関係を目指したブログ。後は好きに雑記系〇

合格者が語る自動二輪免許(小型AT限定)一発試験!費用は?難易度は?

スポンサーリンク

2018・5/24更新

一発試験を受けようか考えてる方は達成感とか色々なことより、とにかく教習所通うより安く済むかどうか

 

この点が一番気になることかと思います。

私はそうでした…免許取ったらバイク買うんだし免許取得費用は出来れば抑えたいと思いますよね

 

私自身の結果から申し上げますと

費用は半額以下に抑えられました。

私が調べた限り神奈川県内最安値の教習所

普通自動車免許所持で学科の無い場合にて約8万円(卒検失敗などの追加料金無しで)
f:id:fei777fei:20180316141324j:image

小型AT取得した後で教習所にて限定解除もしましたので教習所で習い卒検を受けることの違いも含めてこれから説明いたします。

 

過去の記憶から書いてるので微妙に異なる部分が有るかも知れないのは御容赦ください(今度、上位試験受けるので、その時に再調査します)

 

 注・著作権?などで試験場画像は撮ったが載せられないので画像少な目、文字だらけ(10,000文字以上)です。

要所要所の説明で何度も同じ画像
f:id:fei777fei:20180316142305j:image
を使い回します。

 

 

試験を受けるために

私は普通自動車免許所持しており学科免除でしたので、同じく自動車免許所持の方を対象に説明いたします。

 

まずは試験日を決めるために最寄りの運転試験場に行きます。

時間は朝8時から8時半までと13時から13時半までの2回

市役所にて本籍地記載の住民票持参するのもお忘れ無く(役所窓口で免許取得に使うのちょうだい、と言えばOK)

原付免許など所持しているならば、それも必要

 

手続きが済み、しばらく待つと(私の時は8時受付で8時50分くらい)アナウンスが流れ呼び出されますので向かいますと一方的に決められた試験日を告げられます。

もし、その日が都合悪いならその場で調整します。試験場と自分の都合が合う日

試験日が決まったら簡単な説明書類と試験申込書を渡され、その日は終了

 

試験日までにヘルメット(小型ATならフルフェイスなどの全排気量対応じゃなく半帽でも可)とグローブ(滑り止め付いてるなら軍手でも可)

後はクルブシが隠れるサイズのブーツと言われてますが

ATなら靴はブーツじゃなくともOK

MTでも普通の革靴でOKでした。

 

この3つを持参

 

それと試験は長袖、長ズボンじゃないと受けさせてもらえませんので要注意

 

試験当日でも間に合いますが、この時に試験申込書に収入印紙を貼っておくと当日楽です。

収入印紙は試験場にて購入可能

一回目の試験は車両レンタル代サービスの試験代のみの2950円

 

試験前教習(正式名称不明)

この項目は受験者仲間に聞いた話から書いてるので話半分で見て下さい

再調査したらリライトします。

 

調べてきますた

 

www.asobitimes.com

 

 

費用的には余計な出費になるかも知れないが時間を節約出来るかも

試験合格した後に二輪免許用の技能教習を3時間受けなければならないのだが

合格前に教習受けて合格したらその場で免許貰えます。

 

指定自動車学校ではなくモグリって言うのは失礼かな?そこを卒業しても技術は身に付くが技能試験免除にならない教習所かな平たく言うと

 

そこで合格前(後は受けられない)に入校し教習済ませ書類を貰います

合格後の教習所代は12300円ですが、こちらは18000円ほど(ここに通った方の話では)で3時間の教習とは別に125CCスクーターで2時間練習させてもらえるようです。かなりオンボロだったらしいけど

 

私は出来る限り安くしたかったので、この道は選びませんでしたが原チャリで慣れてたとは言え、いきなり125CCスクーター乗ると感覚が違うのでオンボロとは言え練習出来れば本番スムーズにイケるかも知れません

不合格回数が減らせれば逆に安くなるし

この道の方が後から思えばアリだったかなと

 

試験の流れ

試験日8時から半までに試験申込書と免許を提出(受かって免許取得するまで住民票は使わない)すると、コース図を渡されます。

小型試験は2通りのルートが有り、その日までどっちか解りません。

試験場開門が7時半で朝の内は実際のコースを歩きまわれるので8時までに予習しておきましょう

 

受付済んだらコースの傍の建物(以降、待機所)にて待機

その日の受験者数にも依りますが9時前には試験官が来て、お決まりの説明をしたら試験開始

 

試験は持ち点100から減点方式

完走し70点残ってれば合格

不合格でも完走はさせてくれることが多いが、あまりに酷いと途中でスタート地点に帰りなさいとアナウンスされ終了

採点基準は最後にまとめます。(面倒だから引用)

 

 

試験でのポイント

ここでは難関と言われる場所と良く減点される運転を説明いたします。

ここで取り上げない部分は基本的なことなので割愛します。

安全確認、障害物避けなど

最後の採点基準でご確認ください
f:id:fei777fei:20180316133354j:image

乗車、降車

小型ATの場合、決まって発着場3番からの発進

自分の前の人が走り始めたら、ならし運転

この時には採点はされませんが、本番の為にならし運転での乗り降りでも本番通りにいきましょう

 

やり方

乗車

まず最初は歩道または安全地帯に該当する場所に立ってます(本番の時は安全地帯内のインターホンから試験官とやり取りしてから開始)

 

バイクは車道に有りますので、一礼してから、近づく前に周囲の安全確認

近づいたら、また周囲の安全確認しハンドルを持つ

まだ座らない

 

後方確認しサイドスタンド(たまにセンタースタンドになってる)を上げ、また前後グルッと見てから座る

サイドスタンド立てたまま座ってはダメ

 

座ったらまずはミラーの調整

停車中ブレーキランプ常に光らせてないとダメなので片方の手はブレーキ握りっぱなしで

 

見え方問題なくとも、とりあえず触って調整しましたアピールしないと減点

ミラー確認済んだらまたグルッと周囲の安全確認しキーを回しセルスタート

 

安全確認し右ウィンカー出して、更に後方確認してからやっと発進

発進したら速やかにウィンカー消しましょう

 

乗車から発進までキョロキョロと忙しいですが、ここで減点喰らってもつまらないのでウザいくらい安全確認してやりましょう

 

で、今度は降車

発着場に入り停車位置が見えたら安全確認してから左ウィンカー出して再度安全確認し左に寄せ、スタート地点まで上手く速度コントロールし停まる(離れすぎると減点)

 

停まったら後方確認して左手ブレーキ握りっぱなしで右手でキーを回しエンジンを切る

切ったら両手でブレーキ握りながら周囲の安全確認し降りる

降りたらまた前後の安全確認してからサイドスタンドを下ろし、安定したの確認したら両手を離す。

最後に安全確認し安全地帯に戻り一礼して終了

 

乗車の時もそうですが、ちょっと余分かも?くらいに安全確認しましょう

走行中は余分な安全確認の分、車体が進んで次の行動に支障出ますから最低限に抑えたいが、乗り降り中は止まってるので心置きなくキョロキョロしましょう

ここに関しては安全確認が多くて減点はまず無いでしょうし、足りないよりはマシなので嫌みなくらいやってやりましょう。

 

一本橋

規定秒数は橋の上で粘らなくてはならず、その上落ちたら即試験終了

卒検も含めて試験にて一番の難関と言われてますが

こんなもん簡単です。

 

真っ直ぐ侵入して真っ直ぐ出てけば良いだけの話です。

大型試験だと30メートルを9秒とかなりノロノロ走らないといけませんが

小型はたったの5秒です。

普通に徐行(10から20キロ)する感覚で余裕です

多少時間が足りなくとも不足1秒辺り5点の減点で済みますからノロノロフラフラ粘って落ちて終了よりさっさと終わらせちゃいましょう

 

二俣川試験場の場合ですが、どのルートでの試験でも一本橋に入る前にはそれなりの距離が有るので、この距離で橋と両輪を真っ直ぐにしとけば(進路変更の右ウィンカー点けて)勝ったも同然

 

橋に乗り上げる時に少し衝撃が有りぐらつく可能性が有るので、最初だけ20キロくらいで乗り上げ後はアクセル緩めつつ(完全には切らず)ちょっとブレーキ握りながら走り抜ければ良し(橋の上で急に止まるとジャイロ効果無くなりふらつくのであくまでちょっと)

 

急制動


f:id:fei777fei:20180316142305j:image

コース図最下部の直線

 

30キロ以上で速度判定機通過したらブレーキかけて停止線を超えないように停まる

これも小型なら特に難しいことは無いかと思いますが

 

結構やり直し喰らう人が居ます

停まること重視して速度出し切れてない、若しくは早くブレーキかけ過ぎが原因

停止線超えちゃうとこれまた即試験終了だし、一度くらいは速度不足でもやり直しさせてくれる(三度目は無し)

ので、解りますが

 

小型なら30キロ『以上』で通過すれば良いので40キロくらい出してから速度判定機の5メートルくらい前でアクセル戻して惰性で走り

速度判定機の横にハンドルが来たと思ったくらいでブレーキかけても間に合います。

 

試験車両のアドレス125は制動力が原チャリより高いので止まれます。

後はロックや後輪滑りしないように一気にブレーキ握るんじゃなく、両手均等に半分くらい握って後は微調整すれば大丈夫。

 

坂道発進

コース図左端
f:id:fei777fei:20180316142305j:image

MTだと個人的には最難関だと思いますがスクーターのATなら楽勝です。

停車状態でブレーキかけながらアクセル少しずつ開けながらブレーキ少しずつ緩めてくだけ

見通しの悪い交差点

コース図⑥の十字路とS字出口④

これ結構皆さんやられてます

私も一回これで落とされました

二俣川試験場は十字路に解りやすく見通し悪くする草木が植えてあるので、そこでは皆さん引っかかりませんが、S字出口右側にもさりげなく植えてあり普通にS字出ようとするとまず落とされます。

 

S字から交差点へ出るわけだから元々安全確認は皆さんしてるんですが、見通しが悪いと言うことを考慮し大げさに安全確認した方が良いです。

 

なんなら停車しても良いです。(教習所の教官曰く、更には多段階停止しても良し)

私が受かった時は停車まではしませんでしたが

 

右左折後、30メートル以内に右折

試験申込の時に貰う説明書類にも記載されてますが右左折後にすぐにまた右折するときは

右折しながら左端寄ってから右側に進路変更ではなく

右折しながら右側に進路変更同時にします。

コース図で言うと15番を右折し10番を右折、小型の場合はこのケースが多いです。普通二輪のコース図で申し訳ありません。

 

小型には関係有りませんがスラロームに入るときもこのルールで侵入します。

③の先を左折しながらスラローム側に進路変更です。

 

曲がり角と40キロ出せ

有る区間で指定速度通行を指示されます。


f:id:fei777fei:20180316142305j:image

コース図①から16までの直線

 

小型だと40キロ以上

二俣川試験場だとスタート地点に並行した場所でならし運転の時に走る直線

ならし運転の時に40キロはこんなもんかな…とアクセルの感じを覚えておきましょう。

本番では極力スピードメーターを見ないようにしましょう。

この直線内には横断歩道が有り、横断歩道を首振り確認しないと減点です。

40キロ以上出すことに注意を向け横断歩道を見落とさせるトラップです。

 

そして、ルートに依っては順序が逆転しますが、40キロ直線最後に二俣川試験場独自?ルールの曲がり角が有ります。

コース図16番

試験前に試験官は毎回必ず「ここは曲がり角扱いだからね、深くは説明しないけど」と言います。

 

自動車免許取るときに習ったのは曲がり角は徐行する

徐行とはブレーキランプを光らせながらいつでも停まれる速度で走る

直前に40キロ以上出してるから緩めるのはちょっと大変ですが頑張って徐行しましょう。

 

ここで私自身まだ答えが出てないのがウィンカー要るのか否か

試験官お決まりの説明を聞いた後、受験者みんなで意見が別れます

 

  • 曲がり角といってもコーナーで交差点じゃないんだから要らないだろう
  • それは解るが一応ウィンカー点けとこう、点けるべき場所でウィンカー点けなきゃ減点だが点けなくて良い場所で点けて減点は無いよな?

の二派

 

私は後者

受かった時はウィンカー点けました

が、別に受かった人はウィンカー点けてませんでした

謎だ

 

試験終了後

試験自体は一人5分以内に終わります。

受験者数によって変わるが多いと試験官増やして少なきゃ減らすので毎回9時から10時くらいに全員終わる感じです。

自分の番が終わってるなら待機所出てOK

受験者集めるアナウンスが鳴るまでどこ行ってもOK

だけど、人の走り見て対策したりするから大体皆さん最後まで残りますね

 

で、10時50分過ぎた頃に(いつもこのくらい受験者少なくとも、まずは四輪とかの発表してから)アナウンスで受験者を集め

「本日の合格者は…」

  1. 居ませんでした
  2. 合格です

 

1.受験番号順に呼ばれ次回の試験日を決めます。

この時に落ちたのは何が悪かったのかワンポイントアドバイスをくれます。人数少なめで時間的余裕が有るときは突っ込めば2、3答えてくれることも有ります。

この時に伝えられたことを覚えて次回に臨みましょう。

ちなみに初回は試験代2950円のみでしたが二回目以降は車両レンタル代1550円プラスされた4500円となります。

 

まずは試験官から適当な日にちを指定されます。

都合が悪ければ変更出来るのですが、最初に指定された日付以前は希望出来ません。

その日はいっぱいとか適当ほざかれます。

 

受験番号順に呼ばれ前の人の話も聞けるから解るのですが前の人が明日を指定され明日じゃムリ来週にと断って明日は空いてるはずなのに

私が明後日を指定され明日にしてって言っても聞いてくれません。

 
f:id:fei777fei:20180316133912j:image

私の小型AT試験・試験難易度

一回目、原チャリ乗り慣れてたのでアドレスにもすぐ慣れ順調に進むものの、ルート間違えし慌ててルート復帰しようとしたら最初は見落とさなかった信号を無視してしまい失格

 

二回目、完走したものの、S字出口の安全確認不十分で落とされた

 

三回目、完走したものの、首振り確認が高速過ぎて確認してないと判断され失格(事前にネットで調べたら首振りは早くって言ってたから極力早く、でも認識は出来た速度でやったら落とされた)

 

四回目、合格今までの反省を踏まえケチのつけようの無い走りをしたと自負

でも、合格発表まで不安だった

 

私は四回目で合格、合格者が集まる教習で話を聞いたらその人も四回目で合格

私はこの後の話も含め合計8回試験受け、その時に出た合格者や他の人の話を聞くと(待機所で皆色々話すので)やはり、3回から5回で小型ATはうかります。

ホントに一発で受かる人や6回以上かかる人は少ないです。

 

ちなみに後述しますが普通MTの合格者は二名

大型MTの合格者は0です。

 

2.合格後にすること

不合格者への話が終わった後、しばらく待つと(私の時は11時20分くらい)

これからの説明と合格証明書が貰えます

それともう一枚、指定自動車学校のリスト

自動二輪用の教習を3時間受けなければなりません。

費用は12300円を収入印紙にて(教習所で印紙買える場合も有る)

 

リストから応じてくれる教習所探して日程決めます。

私が合格した時は7月上旬で夏休みってことで教習所繁忙期だったので、どこも電話からでも解るイヤな顔で塩対応されました。

 

収入源の教習生の方が大事なのは解るが、指定自動車学校なら一発試験合格者の相手も仕事の内だろうに

気分悪いです。

前述の試験前教習にすれば良かったと後悔

 

電話かけまくって救ってくれたのは

【新鶴見ドライビングスクール・スマートフォンサイト】

ここは対応良かった

神奈川県内最安値の教習所も対応良かったけど最短で予約取れる鶴見に

 

教習済んだら教習修了の紙を貰い

再度二俣川試験場へ行き免許取得

 

結果

一回目試験代2950円

四回目まで4500円×3の13500円

教習所代12300円

の28750円なり

教習所行くより50000円以上浮きました。

 

時間的にも教習所なら9時間

一発試験なら一回待ち時間込みで二時間としても8時間プラス教習所3時間と大差なし

試験場はどこの県も辺鄙なところに有るらしく神奈川県の二俣川も通いにくい場所で移動時間まで考えると時間的にはマイナス面有るけど(私は原チャリで片道90分かけて通いました)

私は平日が休日なので楽しみながら出来ましたけどね

 

時間的メリットを一つ言うならば試験場は決まって午前中のみ

教習所は予約状況によって様々な時間に割り振られてしまって自由に決めにくい

ので、平日午前中に時間作りやすい人は試験場お勧めかも

 

限定解除

今更ですが、小型二輪という免許はなく

400CCまでの自動二輪免許

その中の125CCまで、しかもATのみ運転して良いよって限定条件が付いた免許

 

125CCまでのMTに乗りたかったら小型MTへの限定解除

400CCまでのATに乗りたかったら普通ATへの限定解除

全ての限定を一気に解除するなら普通MTへの限定解除

 

と3つ有ります。

普通MTでイケたら手っ取り早いんですが

私はスクーターばかり20年乗ってきてMTは10代の頃に友人のモンキーやゴリラ借りて乗ったくらいで受かる気しないので

普通ATを挑戦しました。

元々スクーターのマジェスティSが乗りたかったから400ATで上等ですし

 

ここで豆知識

受ける順番って大事で

400ATを所持してしまうとMTへの限定解除は必然的に400MTになってしまいます。

こんな人はあまり居ないと思いますが125CCまでのMT限定と400CCまでのAT限定と言うレアパターンの免許が欲しかったら先に小型MTを取得しないといけません。

 

前置き長くなりましたが試験の話、限定解除試験は特典が2つ有ります。

一つは試験代が1450円と安くなります。車両代合わせて3000円となります。

これを利用すれば普通MTが欲しくて一発試験受けようと考えている場合

普通MTは基本的に10回落ちると思ってください(普通MT合格者は二名しか遭遇してません、更にどちらも10回超え)

 

11回目に合格するとしても47950円

もし、小型ATを先に取れば(4回で16450円)10回挑戦して累計46450円

小型取るときに勉強するから最初から普通MT挑戦するよりはMT挑戦回数は少なくなるかも知れない

考え方はそれぞれですが、こういう選択肢も有りますよって話

 

2018年4月1日より、以下のもう一つの特典は無くなり、限定解除1回目でも当日受験出来なくなりました。

 

もう一つの特典は限定解除試験の最初の一回目だけですが

自分の好きな日に試験受けられます。

 

小型受けに来た時はまず最初は無駄に1回試験場来て試験日予約しなきゃなりませんが

限定解除一回目だけは朝の8時にいきなり来て今日受けたいから受けさせてで、いきなり走れます。

ここで落ちたら次からはまた小型の時と同じ不合格者ルートの予約になりますが。

 

実際に普通AT受けた話

試験車両はスカイウェイブ400CC
f:id:fei777fei:20180524200551j:image

デカイってか長い

大型試験車両より前輪と後輪の距離が長い

即ち内輪差が大きいと言うこと

 

S字やクランクだけじゃなく右左折時は小回りしなきゃならないのに、これはキツイ

しかもエンジンもクセが有って20キロ超えた辺りから一気に変速してガコンとなったので(スカイウェイブの特徴ってか試験車両の調整具合?)そのくらいの速度で右左折しにくいし

敢えなくスラローム走り終えたところで失格

受かる気が全くしませんでした

ならし運転込みで試験一回五分程度しか乗れないし慣れそうもなかったので400CCは教習所で取ることに

 

教習所通う前と通いながら、限定条件コレクションの為に小型MTを3回受けましたが

一回目、エンスト2回で失格

二回目、一本橋でムリしてノロノロ走って半クラ失敗しエンスト、足着いちゃって失格

三回目、なんとか完走するものの…ギアチェンジが下手で試験官からロデオみたいと評される駄目な走りで不合格

 

私は車も限定条件が眼鏡とか5500キロとか色々付いてたので、せっかくなら二輪も限定条件出来るだけ欲しかったのですがもうムリです。

教習所

時間が有れば出来る限り一発試験で狙いたかったが、マジェスティSを先に購入し納車日まで残り1ヶ月になったので已むなく断念。

教習所で限定解除することに

 

料金表見ると

普通MT60664円税込

普通AT50296円税込

一万円しか違わないし

普通ならMTにするよね

 

でも、事前に試験場で小型とは言えMT落ちてて自信喪失し卒検何度か落ちたら納車日間に合わなくなるかも

と言うのが一つの理由

 

この時点で試験場にお布施した金額が累計40750円(教習所代含)で50296円足しても0から普通MT取る費用11万2,437円より2万円ほど安く済んでるのが、もう一つの理由

 

二万なら約6回限定解除試験受けられる

普通AT取ってから、また普通MTへの一発試験挑戦しようかなと思い普通ATにしました。

 

最悪MT取れなくても良いや…MTは趣味だし

なんなら大型免許を教習所で取れば良いし(一発試験で大型はまずムリ、長年MT乗ってないと)

 

で、普通ATで教習所通ったのだが

全5時間の教習で最初の1時間でもう全てマスターしちゃった

教習所車両はスカイウェイブじゃなくシルバーウィング400CCだったのだがアクセル含め乗りやすかった

車体サイズも一発試験みたいに五分程度じゃ慣れないけど50分も乗れば慣れちゃう

最初の1時間でコース内の全障害走らせてもらったら、後の4時間はひたすらグルグル回るだけでした。(途中、追い越しのシミュレーションみたいなのちょっとやったくらい)

早く卒検受けたいくらい退屈でした。

 

卒検当日

受験者は

大型MT一人

普通MT二人

普通AT私一人

小型AT一人

の五名

 

小型MT試験でエンストしまくったり、小型ATの一回目の時に信号無視なんて有り得ないミスをした私が言うのもなんですが

レベル低すぎる

 

安全確認もだけど、ふらつきも多いし、坂道発進後退するわエンストするわ

こんなんで公道出して良いのか?

不合格だろ…私以外は

と思ってたら全員合格

 

教習所はヌルいです。

試験場ほど厳しくとは言わんが、もう少しちゃんとしないと他の車両に迷惑かけると思う

 

実際神奈川県の運転マナーは悪いですからね

名古屋とか福岡とかネタにされてるけど神奈川県民は笑えません

朝の通勤原チャリGPとか見てるこっちが恥ずかしくなるくらい

 
f:id:fei777fei:20180316134110j:image

ピンクナンバーなら最低限教習所は出てるだろうにホントに免許持ってるのお前?みたいなのばかり

 

まとめ

一発試験は確かに厳しいが受かるために模範的な運転を勉強する

そんな走り方、実際の公道では逆に危ない…とも言われますが模範的な運転を知っているか知らないかでは走り方に違いが出ます

 

私もそれまでは原チャリで迷惑な走りをしてましたが、改めました(完全とは言い難いけど)

一発試験を受けて良かったと思ってます。

金銭的なメリットだけじゃないので皆さん機会が有れば是非一度挑戦してみてください

 

採点基準

 受験前に参考にさせていただいたブログからの引用です。

試験中止項目
これをやらかすとたとえ持ち点が100点であったとしても試験中止になり、不合格になります。
埼玉県では、受験者に「運転免許技能試験受験の案内」という冊子を配っているのですが、この冊子の後ろの方のページに「危険行為一覧表」として載っています。(つまり、試験場で教えてくれる(減点?)項目!)
これを使わない手はありません。必ず確認しましょう。

逆行
坂道発進で大きく(1m以上)後退した場合など。
発進不能
同じ場所でエンストを連続4回した場合や、青信号を見送った場合、その他著しく発進に手間取った場合。
ふらつき
S字状や半円状走行、区分線を踏むなど著しいふらつきがあったとき。
接触
他の車両やポールなどに接触した場合や、その恐れがあるとき。
脱輪
縁石に乗り上げてしまったり、直線狭路台(一本橋)から落ちた場合。
右側通行
道路の右側を通行した場合。
進行妨害
優先車両に急ブレーキを踏ませるような進行の妨害した場合。
信号無視
停止すべき信号に従わなかったり、車体の先端が停止線を越えた場合。
停止線越えは、軽い場合は20点減点で済む場合も。
後車妨害
安全間隔を怠り、又は進路変更の時期を失い他の車両の妨害になったとき。
追い越し割り込み
追い越し違反、割り込み違反をしたとき。
指定場所不停止
止まれの標識で止まらなかった場合。「止まる」というのは、タイヤが完全に回転しなくなるまでです。
踏み切り不停止
踏み切りで一時停止しなかった場合。又は踏切内でエンストしたり、鳴っている踏切に入った場合。
通過不能
同じ場所で切り返しを4回する、直線狭路台(一本橋)や波状路(スラローム)やS字、クランクで足をついた場合など。
安全運転義務違反
ハンドル・ブレーキ等を確実に操作しないため他人に危険を及ぼす恐れがある場合。
指定速度到達不能
急制動において、やり直しを指示されたが、再び指定速度(40km/h)に達さなかった場合や、急制動開始線(コーン)の手前で制動を開始した場合。
急停止区間超過
急制動において、指示された停止線を超えた場合。
転倒
車体を倒したり、転倒を防ぐために足を突いて車体を支えたとき。
まーほとんどのことが当たり前のことですね…
ちょっと気になるのは、ちょっとでも停止線を越えたらだめというところです。
普段の運転ではよくやっちゃっている人がいますが、試験では許されません。
これらのことは絶対にしないようにしましょう。(私は一本橋から3回落ちましたが…)

20点減点項目
一見、「え!?そんなことで?」ということもありますが、どどんと20点持っていかれてしまいます。
これらのこともしないようにしましょう。

速度超過
5km/h以上の速度超過。
曲がり角における制動
曲がり角やカーブでブレーキをかけながら進行した場合。(差し掛かる前にブレーキをかけなくても安全に通過できる速度まで落としておく必要があります。)
徐行義務違反
右左折や、見通しの悪い交差点など、徐行すべきところで徐行しなかった場合。
安全間隔不保持
障害物をよけるときに50cm以上、人が乗っている車をよけるときは1m以上間隔を空けなかった場合。
接触
接触は試験中止項目だが、S字やクランク等において、パイロンが移動しない程度(軽く)触れただけの場合、20点減点で済むことがある。
逆行
坂道発進等で50cm以上後退した場合。
知らず知らずのうちに一番やってしまいがちなのは、曲がり角における制動と安全間隔不保持でしょう。
他の受験者を見ても、ブレーキをかけながらコーナーを曲がっている人が多すぎます。
何度も落ちている方はどうでしょうか?やっちゃってませんか?

10点減点項目
安全確認義務違反
いわゆる「首振り確認」をすべきところでしなかった場合。確認すべきところとは…バイクに乗る前に、周囲と後方を確認。
停止状態でギアチェンジをするために右足をつく際、右後方を確認。
右足をついている状態で、再び左足を下ろす際に左後方を確認。
発進する直前に周囲の安全を確認。
発進でクラッチを繋ぐ直前に後方を確認。
信号待ちから発進する際、左右と右後方を確認。
右左折で車両を寄せる際、後方の安全確認。
右左折する直前(約3m手前)での巻き込み確認。
意外と確認するべきところはかなり多いです。落ち続けている人は忘れているところはありませんか?
後方の安全を確認したあと、発進する際は完全に前を向いてからでないと10点減点を食らいます。
乗車位置
著しく背中が反っていたり、体が車体の中心からずれている場合。
つま先
つま先が進行方向に向いておらず、著しく開いている場合。
シフトペダル
左足がシフトペダルの下に入れっぱなしの場合。(5点説もあり)
腕・肘
腕が伸びたり肘が張ったりしている場合。
ニーグリップ
膝が開いている場合。
ブレーキ・クラッチレバー
ブレーキやクラッチに指が2本しかかかっていない場合。
速度超過
5km/h未満の速度超過。
進路変更
進路を変更する際に頭が完全に前を向いていない場合。
接地
バンクをさせすぎて車体が地面に付いた場合。
進行妨害
優先車両の進行を妨害する恐れがある場合。
ふらつき
(軽く)ふらついた場合。
足つき
バランスを崩して足を付いた場合。
停車位置
プラットホームに停車させるときに、縁石から30cm以上離れている場合。サイドスタンドの位置がアスファルトとコンクリートの境目から10cm以上離れている場合。
逆行
坂道発進等で30cm以上後退した場合。
安全確認や乗車姿勢で減点されるのも非常にもったいない話です。
シフトペダルの下に左足が入れっぱなしの人をよく見かけます。
ニーグリップ不足もやってしまいがちです。気をつけましょう。

5点減点項目
これを一度もやらずに完走するのは非常に難しいですが、6回やっても70点でギリギリ合格。
なるべくしないように気をつけましょう。

合図
合図が進路変更開始3秒前から早すぎたり遅すぎたりする場合。合図が出しっぱなしの場合。合図すべきところでしなかった場合。
サイドスタンド
乗車“前”にサイトスタンドを払わなかった場合。
バックミラー
乗車時に、バックミラーを合わせなかった場合。
ニュートラルランプ
ニュートラルランプを確認しなかった場合。
左足
発進しても左足がステップに乗っていない場合。
右左折
右折の場合は交差点の中心付近を通らなかった場合、又はセンターマークを踏んだ場合。
左折の場合は右側に膨らんだ場合。
右振り
左折の際に、一旦ハンドルを右に切った場合。(公道でやっている人を相当見かけますが、試験ではご法度です)
進路変更
右左折する地点や障害物から30m手前で進路変更が完了していない場合。
停車
プラットホームに停車させる際に、停車位置から30cm以上ずれている場合。
直線狭路台(一本橋)
直線狭路台の目標タイム(7秒)から1秒不足するごとに5点減点。
波状路走行(スラローム)
波状路走行の目標タイム(8秒)から1秒超過するごとに5点減点。
エンジンブレーキ
急な下り坂においてエンジンブレーキを使わなかった場合。(主に坂道発進の直後)
空ぶかし
およそ3000rpm以上の空ぶかしをした場合。(主に坂道発進で)
特別減点項目
一回目は減点されませんが、二回目以降は一回目にさかのぼって減点される項目です。

特別10点減点項目
加速不良
加速不足で、円滑な交通の妨げになる場合。
…妨げにならなさそうな(鈍い)加速でもよく取られます。出せるところは思いっきり(60km/hまで)出しましょう。
何でおちたのか分からない人はこれで一気に20点持っていかれているかもしれません。
課題外速度
周囲は安全で、速度が出せるにもかかわらず、制限速度から10km/h以上遅い場合。
要は、「安全運転」と言ってノロノロ走っていても試験は受からないということです。

特別5点減点項目
右足付き
不必要に右足を地面に付いた場合。(停止状態では通常左足を付く)
ポンピングブレーキ
30km/h以上から減速するときにポンピングブレーキを行わなかった場合。
停止ブレーキ
停止している最中にブレーキを離した場合。
エンスト
エンストした場合。一回目は見逃してくれるが、同じ場所で続けて二回すると一気に10点減点、三回で15点減点、四回で試験中止。
切り替えし
同じ場所で二回切り返しをすると10点減点。三回で15点、四回で試験中止。

 普通自動二輪免許(中免)を一発試験で取る方法

 

 

学生の方へ(違う人はこの項目スルーしてください)

自動車免許所持していない学生の方(若しくは原付のみの方)がもし見ているならば是非とも二輪免許を一発試験で取得してから自動車免許を教習所で取ることをお勧めします。

 

上記の教習所での自動車免許取得の費用例ですが二輪免許所持で学科免除の場合、約5万円は安くなります。

更に教習所で実技と学科を並行する場合

仮免試験や高速教習など節目節目で学科の何番を修了してないと予約を入れることも出来なく、学科のスケジュールと自分のスケジュールが上手く合わないとかなり足止めを喰らいます。

なので、取れるなら取っておいた方が良いでしょう平日午前中のみの試験で学生には時間作るのも難しいでしょうが夏休みや冬休みなどに頑張ってみてほしいものです。

 

若い子に二輪の楽しさをもっと知ってもらいたい

一発試験にも若い子居たけど大半が私のようなオッサンばかりだったし

 

最後に

10,000文字を超える長文なのに画像少なく見辛かったでしょうに最後までお読みくださり有難う御座いました。